自家製スポンジスイーツのキメとふわり程度

昔からスポンジデザートはオリジナルをして焼いています。手間がかかるように見えますが、実は内容さえ計れば、簡単です。玉子の白身のメレンゲ内容もハンドミキサーがあればすぐにできてしまいます。ベーキングパウダーがなくても、白身のメレンゲのおかげでスポンジのように十分に膨らみます。ふかふか焼けたスポンジデザートに生クリームとイチゴで装飾をして、家族も喜んで食べてくれます。
確かにオリジナルデザートはおいしいのです。内容もシンプルに玉子、バター、砂糖、小麦粉のみだ。しかし、どんなにふわっとときめの細かいメレンゲを作ってデザートにしても、デザート屋氏のようなキメのこまかいふわりしたスポンジにはならないのです。どうだろう、おんなじ内容のはずなのに、あのキメは何と常に不思議に思っていました。デザート屋氏のようなキメの細かいスポンジデザートには、スポンジデザート内容起泡剤というのが使用されているというのです。これを使用すると、あの手厚いふわりした口どけのスポンジになるそうです。なるほど、玉子をメレンゲにするだけではあぁはならないことが素晴らしく分かりました。でも、一般家庭では使用することもないので、なるたけキメの細かさがお売り場のデザートのように生まれ変われるみたい、身の回りメレンゲ内容を試していきたいだ。マカサプリ