ウェザーウォッチングのことについて勉強した

天気などについて育成をしました。日本では、約160か所の気象台や測侯店で3タームおきの記録が行われています。露冒頭は調査機具を見て取れるところです。百葉箱は、塾などにも置いてあります。地上で記録やれることは、気圧、温度、湿度、風向、風速、天気、降水、積雪、降雪の深さ、視程(推測の等)だ。雲は、件数、ビジュアル、雲下の高さ、移動する道のりだ。雨雲からはね返って現れる電波を受けて雨雲度合いの野原、強さ、移動のみたいすなどがわかります。行き着く最大限キロは、半径数百kmにも及びます。アメダスは、範囲天候記録仕掛けのため、全国に記録店が約1300か所もあります。降水は約17km、ぶりや温度は約21km間隔の細かい記録が、1タームごとに自動的に行われています。記録結果は取り急ぎ通話線でセンターに送られ、コンピュータによって絵図や矢面にまとめられたものが、各所の気象台やチャンネルに送信されます。百葉箱は、凄く懐かしかっただ。マカサプリ